社会人になったら必ず作ろう!初めてのオーダースーツがよくわかる知識をご紹介!

当サイトでは社会人になったら必ず作りたい、初めてのオーダースーツがよくわかる知識をご紹介しています。
自分の体型に合ったスーツを着こなすことで社会で活躍する人としての自信も付くでしょう。
社会に出たらオーダーメイドのスーツを作るメリットも、このサイトで解説しています。
さらに高額なイメージのあるオーダーメイドスーツの相場も説明しているサイトです。
初めて既製品以外のスーツを作る場合でも、これらをチェックしておけば安心です。

社会人になったら必ず作ろう!初めてのオーダースーツがよくわかる知識をご紹介!

社会人になったのでオーダースーツを初めて作ろうと考えている人もいるのではないでしょうか。
オーダースーツは注文を受けてから制作をするスーツです。
デザインや生地を選ぶことができ、担当者に相談しながら自分に合うスーツを作ります。
既製品とは異なり手元に届くまでに時間がかかるのが特徴です。
フルオーダーなら2ヶ月以上、セミオーダーでも3週間ほどかかるのが一般的なので間に合わせたいイベントがあるなら早めに用意することをお勧めします。

初めてでも安心できるオーダースーツ専門店の選び方

社会人になったら自分の身体にピッタリとあったスーツを数着準備していたいものです。
その人が着用しているスーツでその人の価値や仕事の能力や取り組みなどが評価される場合がありますが、着るものはとても重要といえます。
では、自分の体型にピッタリ合ったオーダースーツを作りたいと思うの場合オーダースーツ専門店の選びはどうしたらいいのでしょうか?いろんな選び方がありますが、一つに実績が豊富で信頼できるお店を選ぶことです。
オーダースーツを行っているお店に実際に出向いて、お客さんの入り具合をチェックすることです。
たくさん来店しているところはそれだけ信頼できるという証拠です。
他の選び方としては、価格です。
新社会人は最初のうちはあまり費用をかけられないのが現実ですので、3万円程度でも作ることが出いるオーダースーツ専門店を選ぶことが良いかもしれません。
ほとんどのお店ではどのくらいの費用がかかるのかは電話で問い合わせることは可能です。

ビジネスパーソンにオーダースーツをおすすめする理由

オーダースーツは既製服に比べるとお金がかかります。
特注品なのですから大量生産とは対極にあり、コストがかかるのは致し方ありません。
ですが、ビジネスパーソンにオーダースーツを勧める理由はあります。
スーツが何か体に合っていないとかしっくり来ないと感じたことのある人は多いかもしれません。
既製品は、ある程度の範囲を用意しながらも、基本的には平均的な体型の人に合うように作られています。
しかし、太った人や痩せた者がいるのと同様、胴回りはしっかりしていても腕は華奢とかその逆の方もいたりします。
その身長を持っている全体の標準からすると長い腕をしている人や逆に短い人、肩ががっしりしている方やなで肩の者もいるわけです。
既製服ではどこかに無理が生じる可能性があるわけですが、オーダーメイドの場合にはこのようなストレスがなく、完璧に自分の体に合ったものとすることができ快適ですし、それは仕事への自信となって表れてくるかもしれません。

オーダースーツの初心者にはパターンオーダーがおすすめ

オーダースーツはサイズを細かく測定してデザインやシルエットや使用する生地まで、自分好みのオーダーをしてスーツを作ることが出来る自由度の高さが人気を集めています。
体に合ったスーツを着ることで、身だしなみがきちんとしていると相手に与える印象も良くなります。
オーダースーツは一から仕立てることが出来る自由度の高さ故に、購入価格が高くついてしまう場合もあります。
オーダースーツ初心者の人には、パターンオーダーでの仕立てがおすすめです。
パターンオーダーとは既にあるサンプルの中から、自分の体に合ったものをベースにして作るオーダー方法でのスーツ製作の種類の1つです。
サンプルから選び細かな部分を微調整することで仕立てていくので、予算が抑えられるというメリットがあります。
仕上がりまでの期間も比較的短期間なので、スーツを少しでも早く用意したいという人にはピッタリの方法です。
オーダースーツに興味があるけれどまずは手軽に購入したいと考えるなら、一度専門店でオーダーをしてみてはいかがですか。

小柄や大柄な人にはオーダースーツのイージーオーダー

オーダースーツは生地やデザインや細かなシルエットなど、自分の好みのスーツを作ることが出来ます。
ビジネスシーンで身だしなみが整っていることは、相手への好印象を与えるきっかけにもなります。
オーダースーツはこだわりのスーツ作りをしたいと考える人の他にも、体型によって自分に合ったサイズがないと悩む人にもおすすめです。
イージーオーダータイプのスーツは既存の型紙を使用して、細かなサイズ調整を行いながら1人1人の体型に合わせたスーツを作ることが可能です。
イージーオーダータイプのスーツは、小柄や大柄で既存のスーツのサイズが全く合わないという人にはピッタリです。
また肩幅が広い人やなで肩の人や猫背で既存のスーツでは、窮屈だったりシワが出来やすいなどの悩みを持つ人も一度専門店で細かなサイズ調整をしてみてはいかがですか。
オーダースーツは自分の体にフィットして動きやすく、余計な負担がスーツにかからないので長持ちするメリットもあります。

細部までこだわれるフルオーダーのオーダースーツ

自分の為に仕立てたスーツは体に合っていて動きやすく、サイズも自分に合わせて採寸する為身だしなみが良く見えて人への印象も良くしてくれます。
オーダースーツには大きく分けて3種類あり型紙を依頼する人のサイズに合わっせて作成してハンドメイドでスーツを作るフルオーダーと、既存の型紙を使用するイージーオーダーと既製服に修正を加えるパターンオーダーがあります。
中でも細部までこだわることが出来て世界に1着のスーツが作ることが出来ると、人気を集めているのがフルオーダータイプのスーツです。
オーダースーツを作る際には注意が必要なこともあり、納期まで時間が既成のスーツよりもかかることを頭に入れておくことが必要です。
詳しい採寸とデザインやシルエットや生地選びをした後に、仕立てに入るので時間に余裕を持って依頼をすることをおすすめします。
一からスーツを仕立てて欲しいと考えるなら、取扱いの生地の豊富さや出来上がりの後のアフターサービスが充実しているお店を選ぶことが重要です。

オーダースーツで選べる生地の種類

オーダースーツでは様々な素材や色柄の生地が選べるのが特徴です。
スーツは色柄だけでなく素材や種類、織り方などで見た目や着心地が変わるため、スーツを着るシチュエーションに合わせて選ぶ楽しさがあります。
オーダースーツの生地は、最も一般的なウールをはじめコットンやリネン、シルクやポリエステルなど多彩です。
ウールは多くのスーツで使用されている天然素材で、保温性や吸湿性に優れ、弾力や肌なじみのよさなどの着心地に加え、汚れにくいといった耐久性の高さも特徴です。
シワがついても回復しやすく、汚れも落ちやすい傾向にあるので、日常的にスーツを着用する場合に向いています。
肌着やシャツなどで馴染み深いコットンは、柔らかい肌触りと汗を吸い取ってくれる吸湿性の高さで知られます。
スーツで使用した場合、柔らかな風合いと独特なシワ感を楽しめ、どちらかといえばカジュアルな印象に仕上がるのが特徴です。
リネンは寝具や夏物衣料に使用されることが多く、ウールやコットンと比べコシのある質感と手触りで、通気性に優れます。
鮮やかな色を出せるのでカラーバリエーションの幅が広く、独特の風合いとツヤを持ったお洒落なスーツに仕上がることが多いのが魅力です。

オーダースーツで用意されているオプション

オーダースーツは自分の身体にしっかりフィットしたスーツを仕立てることができるのが魅力ですが、自分好みの生地やデザインを追求するのも楽しみの一つです。
オプションは追加料金を払って実用性やデザイン性を高めることができ、様々な種類があります。
価格を抑えたオーダースーツの場合、裏地は見えない部分のため、安価なポリエステルが使用されていることがほとんどです。
しかし、ポリエステルは蒸れやすく夏場では快適性が低下します。
この裏地を吸湿性に優れるキュプラ生地に変更することで着心地がよくなり、夏場でも涼しく着用できます。
ボタンは装飾品としての役割もあり、さりげないお洒落に欠かせないアイテムです。
一般的にオーダースーツのボタンは、耐久性に優れデザインも豊富なポリエステルが使われます。
それを変更して水牛角やナットなど、高級感のある素材に変更することができます。
また、袖口のボタンはあくまで装飾品でしかありませんが、実際に袖口が開くようになる「本切羽」も人気の高いオプションです。

初めてのオーダースーツは採寸が必須

初めてのオーダースーツでは採寸が必須です。
というか、これが不要なオーダースーツは何かおかしいですので、名前に偽りがないかもう一度よく確認して下さい。
オーダースーツとは要するに特注品であり、自分のためだけに作ってもらうスーツのことです。
自分の体に完璧にフィットするように作りますので、体の各部分の長さを測った上で、それに応じて生地を裁断し縫製していくことになるわけです。
既製品のスーツした着たことが無い人も多いかもしれませんが、オーダーメイドは着心地というか自分にぴったりと合っているその感じが既製服とは異なります。
既製服は平均的な体型をしている人に合わせて生産せざるを得ず、誰にもそれなりには合う代わりに完全にフィットすることはまずありません。
ちなみに一度しっかりと採寸してもらいさえすれば、同じお店であればデータは残しておいてもらえますから、体が変わったりしない限りは次からはその必要はありません。

既製品を扱うスーツ専門店でもオーダースーツは製作可能

オーダースーツは、既製服は取り扱っておらず全ての商品はオーダー品のみという専門店も存在していますが、一方では既製品を扱っているお店であってもオーダースーツを注文できることもあります。
それこそ、価格的にリーズナブルな既製品を販売の主力としており、一見すると高価で高級とされるオーダー品の扱いなどとは、まさに正反対の販売戦略を取っているように思える量販店であっても、実はオーダーを受け付けているというお店は多いです。
これはやはり客単価的には高くなりますし、そのお店やブランドのコアなファンを増やせるわけですから、仮に主力商品ではなかったとしても経営上は取り扱ったほうがブランド力を高める効果が大きいと考えられるからでしょう。
ただそういうお店では客層的にもフルオーダーではなくパターンオーダーが主流だったりするとか、納期の点でも一般的なお店よりは早い期日を売りにしているなど、差別化を図っていることはよくあります。

オーダースーツに関する情報サイト
オーダースーツを知ろう

当サイトでは社会人になったら必ず作りたい、初めてのオーダースーツがよくわかる知識をご紹介しています。自分の体型に合ったスーツを着こなすことで社会で活躍する人としての自信も付くでしょう。社会に出たらオーダーメイドのスーツを作るメリットも、このサイトで解説しています。さらに高額なイメージのあるオーダーメイドスーツの相場も説明しているサイトです。初めて既製品以外のスーツを作る場合でも、これらをチェックしておけば安心です。

Search